So-net無料ブログ作成
検索選択
もうひとつのブログはこちら 空のなげき
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN ~消費電力~ [パソコン]

「 FMV LIFEBOOK PH74/CN 」の消費電力をワットチェッカーを使い測定した。

s-DSC04532.jpg

測定は購入時のHDD換装時、SSD交換後とそれぞれ測定し、
参考としてSONY VAIO typeT VGN-TT90NSも計測した。

条件をそろえるため、液晶の照度は最大、それ以外の設定は購入時デフォルトのままとした。

[次項有]富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN(HDD 250G メモリ2GB)
・起動時(最大):36W
アイドル時:17W~21W

[次項有]富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN(SSD 128G メモリ8GB)
・起動時(最大):34W
・アイドル時:10W~13W

[次項有]SONY VAIO typeT VGN-TT90NS
・起動時(最大):27W
・アイドル時:19W~21W

FMV PH74/CN使われている「 Sandy Bridge 」は超低電圧版では無いのに、ここまで低いとは想像していなかった。

しかしSSDに換装すると、アイドルの消費電力が結構下がる。

先日紹介した自作マシンの消費電力は、起動時214W アイドル時128W。
なんと約10倍だ。

「 Sandy Bridge 」は優秀なので、ネット、メール、officeあたりなら、
Corei7 2600Kの自作マシンと変わらずにサクサク動く。

重たい処理を行うとき以外は、PH74/CNを使うようになってしまった。

[次項有]参考スペック
☆富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN(SSD交換後)
・OS:Windows 7 Home Premium SP1 64bit
・CPU:Intel Core i3-2310M(2.10GHz)(Sandy Bridge)
・RAM:DDR3 SDRAM PC3-10600 8GB(4G×2)(増設
ドライブ:SSD Crucial m4 128GB(HDDより換装)
グラフィック:Intel HD Graphics 3000

☆SONY VAIO typeT VGN-TT90NS
・OS:Windows Vista Business SP1 32bit
・CPU:Core2 Duo SU9400(1.40GHz)
・RAM:DDR3 SDRAM PC3-6400(800MHz)
・ドライブ(システム):SSD 64GB
・ドライブ(データ用内蔵):HDD 250G 5400rpm
・グラフィック:Intel4500MHD

ワットチェッカーはこちらで購入しました

富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN ~ベンチマーク~ [パソコン]

[次項有]新規購入した「 FMV LIFEBOOK PH74/CN 」のベンチマーク。

今回のベンチマークはCrystalMark2004R3とWindows Experience Index。
そして購入当初の状態でHDD250Gとメモリ2Gの状態と、SSDに換装しメモリ8GBへ増設した状態。
また参考として、SONY VAIO typeT VGN-TT90NSと自作デスクトップマシンと比較した。

[次項有]CrystalMark2004R3
富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN(SSD 128G メモリ8GB)
ph74_ssd_crystalmark.JPG

・富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN(HDD 250G メモリ2GB)
ph74hdd.JPG

・SONY VAIO typeT VGN-TT90NS
crystalmark2004_tt90.JPG

・自作デスクトップパソコンIntel Core i3-530)
i3 5302004r3.JPG

・自作デスクトップパソコン(Intel Core i7 2600K)
CrystalMark_2600k4500.JPG


[次項有]Windows Experience Index
・富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN(SSD 128G メモリ8GB)
ph74_wei_ssd.JPG

・富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN(HDD 250G メモリ2GB)
wei_ph74.JPG

・SONY VAIO typeT VGN-TT90NS
wei_tt90.JPG

・自作デスクトップパソコン(Intel Core i3-530)
i3 530wei.JPG

・自作デスクトップパソコン(Intel Core i7 2600K)
hd5850.JPG

HDDからSSD、メモリを2GBから8GBとの決定的な差。
そして3年前のVAIOと比べるとベンチマークの結果を見てもあきらかで、
体感速度も全く違う。

一度SSD、メモリ8GBのPH74を体感すると、
HDD搭載のPH74とVAIO TT90NSではネット、Officeなどの軽い操作でもストレスを感じる。

Corei7-2600Kとでは比較にならないが、一世代前のCorei3-530(これはHDDだが)とでは、
体感の違いはわからない。

あらためて「 Sandy Bridge 」の凄さがわかった。

参考スペック
☆富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN
・OS:Windows 7 Home Premium SP1 64bit
・CPU:Intel Core i3-2310M(2.10GHz)(Sandy Bridge)
・RAM:DDR3 SDRAM PC3-10600 8GB(4G×2)(増設)
ドライブ:SSD Crucial m4 128GB(HDDより換装)
・グラフィック:Intel HD Graphics 3000

☆SONY VAIO typeT VGN-TT90NS
・OS:Windows Vista Business SP1 32bit
・CPU:Core2 Duo SU9400(1.40GHz)
・RAM:DDR3 SDRAM PC3-6400(800MHz)
・ドライブ:SSD 64GB
・グラフィック:Intel4500MHD

☆自作デスクトップパソコン①
・OS:Windows 7 Ultimate 64bit
・CPU:Intel Core i7 2600K 3.4GHz(3.8GHz)(Sandy Bridge)
・RAM:DDR3 SDRAM DDR3-16000 8GB(4G×2)
・ドライブ:SSD Crucial RealSSD C300 128GB(64GB×2 RAID0)
・グラフィック:ATI HIS HD5850

☆自作デスクトップパソコン②
・OS:Windows 7 Ultimate 64bit
・CPU:Intel Core i3-530(Clarkdale)
・RAM:DDR3 SDRAM DDR3-10600 8GB(4G×2)
・ドライブ:Seagate Barracuda 7200.12 ST3500418AS 500GB
・グラフィック:内蔵GPU HD Graphics

富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN ~SSD換装~ [パソコン]

「 FMV LIFEBOOK PH74/CN 」のHDDをSSDへ交換した。

購入時は2.5インチ 320GB 5400rpmのハードディスクが付いていたが、
快適に使うため、購入前からSSDへの換装を考えていた。

ノートPC本体を購入と同時に、別途でSSDを購入。

今回選択したのは、定評のあった「 Crucial RealSSD C300 」の後継モデルである「 Crucial m4 SSD 128GB 」。
s-s-DSC046610.jpg

早速換装開始。

1.PH74/CNのマニュアルに従い、あらかじめリカバリディスクDVD-Rに作成。

2.購入したSSDの初期不良が無いかを、USBにて接続しCrystalDiskMark走らせ動作確認。
s-DSC04680.jpg
※2.5インチ用のHDDケースを買うのももったいないので、3.5インチ用のUSB HDDケースを利用した

3.AC電源とバッテリーを外す(これ重要)

4.赤枠の部分にHDDが装着されているので、青丸のネジを精密ドライバで取り、カバーを外す。
s-s-DSC046820.jpg

5.HDD、SSDのSATA、電源コネクタを折らないように慎重にケーブルを抜き挿しし換装しカバーを元に戻す。
s-DSC04683.jpg

振動防止用の黒いゴム製のカバーも付け替える
s-s-DSC046860.jpg

6.換装後、外付けUSBドライブより作成しておいたリカバリディスクにて、SSDを工場出荷時の状態にリカバリして完了。

重量の変化に期待したが、SSDが74g、HDDが90gでほとんど変わらず。
さすが2.5インチだけあって、HDDでも思ったより軽い。
s-DSC04685.jpg

起動、体感はやはり明らかに違いを感じ、なんといってもディスクの回転音、seek音が無く、熱を持たないのが良い。
ただしSSDへの換装は保証対象外となるので自己責任でどうぞ。

こちらで購入しました

富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN ~メモリ交換~ [パソコン]

昨日紹介した「 富士通 LIFEBOOK PH74/CN 」のメモリを交換した。

購入時2GBから8GB(4GB×2)へ
今回選んだメモリは「 Corsair ノート用 DDR3 PC3-10600 4GB*2 CMSO8GX3M2A1333C9 」

s-DSC04664.jpg

まず作業する前に、AC電源とバッテリーは外しておく。

この機種のメモリ装着の場所は本体背面の赤枠のこの場所で、
青丸のネジを精密ドライバで回すとカバーが簡単に外れる。
s-s-DSC046650.jpg

手前をちょっと持ち上げ引っぱって外す
s-DSC04672.jpg

搭載メモリはSAMSUNG製であった
s-DSC04667.jpg

装着は外すときの逆で、スロットにきっちりと差し込み「パチン」と音がするまでおろす。
当たり前だが、2枚挿すときは下のスロットから挿し、上のスロットも上記同様の作業。
s-DSC04673.jpg

カバーを元に戻して完成。

まずBIOSで確認。
s-DSC04677.jpg

続いてOS上でも確認。
mem_ph74.JPG

BIOS、OS上ともに8GBで認識されている。

Wimdows7(64bit)なので最低4GBは積んでおきたい。

ちなみに直販カスタマイズモデルで、8GBをカスタマイズすると期間限定で+20000円、通常だとなんと+40000円。
今回、自己で購入したメモリは約8000円、安いものなら7000円を切る製品もある。

ただし自己によるメモリ増設は保証対象外となるので自己責任で。

メモリはこちらで購入できます

nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

富士通 FMV LIFEBOOK PH74/CN [パソコン]

7月に転職のため、必要となるノートパソコンを新調した。

今回選択したのは「 富士通 LIFEBOOK PH74/CN 」

社内でのデスクワークから、持運び、外出先での使用を考えて選択した。

s-DSC04656.jpg

条件としたのは

1.Intelの最新CPU「SandayBridge」であること。
2.11インチから12インチの液晶
3.重量は1㎏前後

この条件にそろうものは私の調べた限りこの機種しかなかった。

選んだモデルは富士通直販サイトのモデルで「 PH74/CN 」

カスタマイズ可能でメモリ8G、SSD等もカスタマイズ出来たが、
あまりにも高額なので、最小構成を選択し、メモリ、SSDは別途単独で購入し、自作の経験を生かし載せ替えることとした。

s-DSC04657.jpg

[次項有]参考:購入した際の構成
OS:Windows 7 Home Premium 64bit
CPU:Intel Core i3-2310M(2.10GHz)
コア数/スレッド数:2コア/4スレッド
2次キャッシュメモリ:256KB×2(CPU内蔵)
3次キャッシュメモリ:3MB (CPU内蔵)
チップセット:モバイル Intel HM65
メモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB(最大8GB)
グラフィック:Intel HD Graphics 3000
HDD:320GB(Serial ATA 5400回転)
光学ドライブ:無し
ディスプレイ:LEDバックライト付薄型軽量・高輝度・低反射12.1 型ワイドTFT
外部ディスプレイ出力:D-SUB1、HDMI1
USB:USB2.0 × 3
本体質量(標準バッテリー時):約1.23kg

本体は本日到着したばかりで、メモリ8G(4GB×2)とSSD(128GB)は2~3日で到着予定なので、SSDへの換装や、比較などは後日にしたいと思います。


ワットチェッカー ~メインPC消費電力~ [パソコン]

ゴールデンウィーク中にやろうと思っていた、メインの自作パソコンの消費電力測定がようやくできた。

計測に使用したワットチェッカーは「REVEX 節電エコタイマー」。
コンセントで測定するタイプなので、各パーツ毎の電力は測定できない。

s-DSC04532.jpg

そこで起動時、アイドル時、各ベンチマークを使用したときの消費電力を測定してみた。

[次項有]PC起動時(最大):214W

[次項有]PC起動(デスクトップ画面の表示)1分後:150W

[次項有]PC起動(デスクトップ画面の表示)10分後:128W

[次項有]CrystalMark2004R3計測中(最大):253W

[次項有]Biohazard5_Benchmark計測中(最大):279W

[次項有]3DMark06_v120計測中(最大):279W

であった。

300ワット~450ワットあたりを想像していたので、思っていたより低い数値となった。

参考:計測時の自作パソコンのスペック
CPU:Core i7 2600K(定格)
MB:ASUS P8P67 Deluxe
MEM:Corsair CMZ8GX3M2A1600C9 DDR3-1600 4G×2 計8G
CPUクーラー:CORSAIR CWCH50-1
VGA:ATI HIS HD5850 iCooler V 1GB
システムディスク:Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 64×2 RAID0
データ用HDD①:HGST HDS723020BLA642 2TB
データ用HDD②:HGST HDT721010SLA360 1TB
データ用HDD③:WesternDigital WD10EADS-M2B 1TB
光学ドライブ:PLEXTOR PX-820SA/JPB
FAN数:12㎝×4
電源:電源:Antec TP-750AP 750W

ワットチェッカーはこちらで購入しました





ワットチェッカー ~液晶モニター消費電力比較~ [パソコン]

先達て紹介した「REVEX 節電エコタイマー」を使って液晶モニターの消費電力を比較した。

s-DSC04532.jpg

比較したのは現在使用しているRDT232WX-Sとその他、三菱製の液晶モニター2製品。
同一の比較条件はWindows7標準のデスクトップ画面

MITSUBISHI Diamondcrysta RDT232WX-S:30W
・発売日:2010年5月発売
・モニタサイズ:23インチ(IPSパネル)
解像度:1920×1080 フルHD
・輝度:300 cd/m2
・消費電力(カタログ値):57W
※測定時:ECOモード(中)にて測定

☆MITSUBISHI Diamondcrysta RDT222WM-S:35W
・発売日:2008年2月発売
・モニタサイズ:22インチ(TNパネル)
・解像度:1650×1080 WSXGA+
・輝度:300 cd/m2
・消費電力(カタログ値):48W
※コントラスト70%で測定

☆MITSUBISHI Diamondcrysta:RDT193WM-S:24W
・発売日:2008年5月発売
・モニタサイズ:19インチ(TNパネル)
・解像度:1440×900 WXGA+
・輝度:300 cd/m2
・消費電力(カタログ値):41W
※コントラスト70%で測定

さすがに19インチモニターは消費電力は一番低いが、RDT232WX-SとRDT222WM-Sで消費電力が逆転するとは思っていなかった。
TNパネルとIPSパネルの違いなのか、製品が新しいからなのかは不明。

こちらで購入できます





ワットチェッカー ~パソコン消費電力比較~ [パソコン]

昨日紹介した「REVEX 節電エコタイマー」を使ってパソコンの消費電力を比較した。

s-DSC04554.jpg

計測条件はパソコンを立ち上げ、5分後のアイドル状態で測定。
※ボードPCとノートPCはバッテリー満充電の状態及び液晶パネルは最大照度で測定。

SONY VAIO VGC-LB92S(ボードPC):51W
・発売日:2007年2月発売
・OS:Windows Vista Home Premium
・CPU:Core2 Duo T5600(1.83GHz)
・RAM:PC2-5300 2G(1G×2)
モニターサイズ:15.6ワイド

☆SONY VAIO VGN-TT90NS TypeT(ノートブック):27W
・発売日:2008年10月発売
・OS:Windows Vista Home Premium SP1
・CPU:Core2 Duo SU9400(1.40GHz)
・RAM:PC3-6400 4G(2G×2)
・モニターサイズ:11.1ワイド

sotec PC STATION PV2270ARB(デスクトップ):61W
・発売日:2004年5月発売
・OS:WindowsXP Professional 32bit
・CPU:Intel Celeron 2.7GHz
・PC2-3200 768MB(512MB + 256MB)
・モニターの消費電力は含まれず

古いデスクトップ型のソーテックマシンはモニターの消費電力は含まれず、使用するモニターによってはもっと電気を消費することになる。目安としては61Wにプラス20W~40W。

ボードPCとノートブックPCの消費電力の差は、液晶パネルの大きさの差によるもの思われる。

今回はメインマシンである自作PCの計測は、配線の取り回しの関係上計測しなかった。
GW中に計測予定。

こちらで購入できます




SONY BRAVIA KDL-32EX420 外付けUSBHDD録画 [パソコン]

今年3月13日に発売された、SONY BRAVIA EX420シリーズ。

新発売されたEX420シリーズは外付けUSBハードディスクの録画に対応している。

SONYの公式HPで動作確認が取れているせのは、平成23年3月27日現在、

・バッファロー製
・WesternDigital製
・アイ・オー・データ

の3メーカーで、当然完成された製品なのでHDDが容量一杯になれば、新たに購入しなければならない。

基本的に中のHDDを取り出して交換は出来ない(出来るかも知れないがメーカー保証対象外)

そこで中のHDDのみを簡単に取り外し、交換できる製品がないかを考え購入したのが、
先達てブログで紹介した、Princeton製 PEC-SB2 デジゾウシリーズ デジ蔵SATA-BOX(SONY、Princeton共に公式ホームページでは動作確認商品には登録されていない)

早速使用してみた結果、見事に対応してくれた。
予約録画も出来て視聴も確認できた。
s-DSC04467.jpg

このデジ蔵SATA-BOXはとても優れていて、以下にあげるの特徴を条件に購入した。
工具不要ワンタッチでHDDの取り外し装着が可能
・自動電源ON/OFF機能
・冷却FAN付

実際にKDL-32EX420で動作するのかと、自動電源ON/OFF機能が働くのか心配であったが、問題なく動作してくれた。

自動ON/OFF機能は、テレビの電源を入れた際にHDDの電源がONになるが、
録画または視聴をしていなければ約5分で自動的にスタンバイ状態に切り替わる。
s-DSC04469.jpg

また予約録画の約10分前に自動的に電源がONになり、録画が終わると約5分後に電源OFFとなった。

簡単ワンタッチでHDDをカセット感覚で使えるので、HDDだけを購入すれば容量的な心配がいらないのが良い。

ちなみに購入後、PEC-SB2のファームウェアをv3.06→3.07へ変更した。

参考:使用ハードディスク
HGST HDT721010SLA360 1TB

こちらで購入できます



自作外付けハードディスク その2 [パソコン]

USB録画対応の液晶テレビに使用するため、
外付けハードディスクケースを使って、外付けハードディスクを自作してみた。

今回購入した外付けハードディスクケース
・Princeton製 PEC-SB2 デジゾウシリーズ デジ蔵SATA-BOX
s-DSC04423.jpg

自動電源ON/OFF機能付、排気ファン付を条件にこの製品を選択した。
ハードディスクは予備で保管しておいた、HITACHI製 SATA 1TBを使用。

工具やネジ不要でワンタッチで全面の蓋が開く。
ケース内部の後部に、STATと電源コネクタが固定されているので、ハードディスクを差し込むだけ。
s-DSC044240.jpg


ハードディスクは慎重な取り扱いが必要なので、購入前までは取付に多少の不安があったものの、その心配も無く安心簡単に取付が可能であった。

ケース後ろには6㎝ファン。小さなファンは音が五月蠅い印象があるが、この製品はあまり苦にならないレベル。
s-DSC04430.jpg

驚いたのが化粧箱がハードディスクの保管用に作られているところ。
なんとも遊び心がある
s-DSC04428.jpg

取り付ける際の注意事項
・この季節(冬)は特に静電気に十分注意。
・ハードディスクの取り扱いは慎重に。固い物の上には直接置かない。
 少しの衝撃でも壊れる可能性があります。

ハードディスクは熱に弱いので、ファン付のケースを選ぶと良い。

こちらで購入できます



前の10件 | - パソコン ブログトップ
無料 アクセス解析太陽光発電
QLOOKアクセス解析
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。